回収業者と粗大ごみの問題と解決策を探る!

- 粗大ごみを不用品回収業者に依頼した時の料金

粗大ごみを不用品回収業者に依頼した時の料金

多くの方は家庭から出る粗大ごみや大型家電などの不用品の処分にお困りだと思います。
又、工場などであれば産業廃棄物の場合は危険物なども含まれている可能性がある為、処分の際には頭を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

大型家電などを捨てる時の良い方法

大型ごみの処分に困った際は専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。
多くの業者はまずごみの量と回収時の必要人件費などから、見積もりを出すので利用者からすれば費用の目安になるのです。
電化製品や家具の場合だとリサイクルを行っている業者も多いため、処分する物の状態が良ければ買い取り査定を依頼するのもメリットの一つだと言えます。

会社から出されるオフィス用品

大型ごみは一般家庭だけではなく、一般企業でも処分にお困りの方は多いと思います。
例えばオフィスの移転時に不要になったデスクやロッカーなどのオフィス用品や使用しなくなったパソコンなどを処分する事もあるのではないでしょうか。
そのような時は回収業者や買い取り業者を利用すると、処分時のコストが抑えられる可能性があるのです。
その他、お得になる情報はこちら(https://enechange.jp/articles/bicycle-disposal)からどうぞ。

委託した時の料金相場

回収料金や買い取り価格は業者によって様々で、一概にどのくらいと明言する事は難しいですが、一般的にソファーなどは2000円前後、タンスなどの箱型家具は3000円程度で回収して貰えます。
又、ロッカーなどは2000円前後、企業向けデスクであれば約4000円が料金相場です。
このように、処分する品によって料金が別れている為、お困り際は一度相談してみてはいかがでしょうか。